熱海分院熱海動物愛護病院

アニマルブログ

2018年6月20日 水曜日

衝撃なGW・・・②

続いて、エコー検査です。

動画をアップする技術が無いため、文字だけですが・・・
動画のアップ、そもそもできるのかしら・・・

スリルも触れるしで、どえらいこっちゃになってたらと思っていたのですが、
意外と良い結果がsun

以前より逆流は酷くなっていますが、逆流速も大して高くなく、一安心up
ただ、これからが大事ですねsign01
ということで、心臓のお薬を1ヵ月飲み続けました。

1ヵ月たった今月、スリルも数日で触れなくなり、
心雑音も聴診器でやっと聞き取れるぐらいにshine
レントゲンやエコーも行ったのですが、変わらずでしたshine
いやー、安心しました。
運よく薬の反応が良く、良い結果が出てくれました。

今回、スリルが触れるぐらいの状態になったため、直ぐに検査をする事が出来ましたが、
聴診器でなら聞こえるレベルだったら、あと3カ月は先だったなと
心臓のステージも酷くなく、薬の相性も良く、運が良かったです。

治療が必要なステージならば、
心臓の薬は、これから飲み続けることによって、進行を緩め、
また定期的に心臓のチェックをして、進行具合やその時その時に
あう薬で弁膜症とお付き合いをしていくことになります。

悪くなった心臓は元に戻りませんが、進行を緩めてあげる必要はあります。
治療をした場合としなかった場合、寿命の差等出てきます。
治療してあげる事によって、心臓やその他の臓器の負担を減らすことができます。

また、進行すると心臓がどんどん拡大することにより、気管を圧迫したり、
肺や胸に水が貯まってしまうことがあります。
肺や胸に水がたまると、呼吸がしにくくなり、苦しい時間を過ごさせてしまいます。
家族の一員であるわんちゃんが穏やかに暮らし、ご家族と過ごす時間がすこしでも
楽しいものになるように、雑音チェックや診察に雑音が聴診されたら、
一度検査をしておくと、ここぞという時に役に立ちます。
ご家族でわかる症状としては、咳や以前と比べて運動量の減少、呼吸数の増加などです。

まだ治療が必要でない場合もあります。
必要なのか不要なのかは、レントゲンやエコー検査によって診断していきます。

※こうやってブログにアップできるぐらいの拡大具合が
 ハッキリ分かり、3月にレントゲンを撮っておいて良かったと
 思ったので、いち飼い主としてオススメ致します 笑

心疾患を持っているワンちゃんたちのオーナー様、一緒に彼女・彼らが元気に
穏やかに生活できるよう頑張りましょう。

また、ワンちゃんの心疾患についてばかり書きましたが、
ネコちゃんにも心疾患はありますので、
ネコちゃんのご家族も気にかけてあげて下さい。

ラディッシュ収穫を明日に控える横山でした 笑

投稿者 伊東動物愛護病院

カレンダー

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

診療時間
平日:09:00~12:00 / 14:00~18:00
木曜、土曜日:09:00~12:00

休診日
木曜、土曜午後 日曜 祝祭日

住所
〒414-0015
静岡県伊東市末広町2-4

最寄駅
JR伊東駅

その他交通
車 駐車場

詳しくはこちら
  • RSS配信
  • RSSヘルプ